VIASOカードにゴールドなどの上位カードがある?お手軽クレカの真相とは

学生や社会人1年目などに多い『初めてのクレカ』

クレジットカードを手にすると、なんだかデキる大人…なんて自分のステータスが高まった気がしますよね。

そんな初めてのクレカとして人気なのが、三菱UFJニコスから発行されている、VIASO(ビアソ)カードです…が。

VIASOカードにゴールドなどの上位カードは存在するのでしょうか。

そこで今回は
・VIASOカードにゴールドなどの上位カードがあるのか
・VIASOカードとゴールドカードの違いは何なのか

この2つを大きなテーマとして、色々とお話していきたいと思います。

VIASOカードにゴールドがある?噂の真相に迫ってみた

早速本題に入っていきましょう。
VIASOカードを含め、全てのクレカに言えることですが、カードの種類は大きく分けて4つ。

・一般カード(スタンダード)
・ゴールドカード
・プラチナカード
・ブラックカード

基本的にVIASOカードは一般カードとして扱うものですが、ゴールドカードに切り替えることが出来るのでしょうか。

結論から言うと『そんなものはなかった』

とまあ、結論から言ってしまいますが、『VIASOカードにゴールド以上の上位カードは存在しない』です。

簡単に言っちゃうと、VIASOカードは一般カードのみとなっています。

そういわれるとちょっと残念な気持ちになるかもしれませんが、実はVIASOカードはほかの一般カードの中でも、ハイクオリティなクレカなんです。

VIASOカードはクレカの中でもお手軽感に特化している

というのも、VIASOカードには以下のような特徴があります。

・年会費永年無料
・基本還元率が0.5%だが、高還元となるポイント制度の充実
・ネットショッピングの利用でポイントがさらに貯まる!
・現金還元が基本
・固定費の支払いに利用することでポイントが倍貯まる!

一般カードの中でも年会費が条件付きで無料になったり、そもそも年会費がかかったりするようなカードもありますが、VIASOカードは年会費の支払いは必要なし!

ポイントも高還元になるシチュエーションが多く、ガンガン貯めることが出来ます。

しかも貯まるポイントは現金化されて口座に振り込まれるので、あれやこれやと商品交換にかける手間もなくします。

つまり、VIASOカードは一般クレカの中でも、かなりシンプルかつ使いやすいクレカとしての位置にいるわけです。

VIASOカードはゴールドカードと比べてどう違う?

そんなVIASOカードですが、ゴールドカードと比べてどこが変わってくるのでしょうか。

ちょっと気になるこの話題の真相に迫っていきたいと思います。

手軽さが段違い

ハイ、まずはこれです。
VIASOカード最大の強みともいえる『手軽さ』。

ゴールドカードの平均的な特徴と比べても、下のようにかなり違うことが分かります。

VIASOカード

ゴールドカード

年会費永年無料
・ポイントはキャッシュバック制
・問い合わせは総合コールセンター
審査基準が比較的低い
最短翌営業日発行
・年会費は基本的にかかる
海外旅行保険の補償額が高額
インビテーション(招待)が必要
高級サービスを受けることが出来る
・専用のコールセンターがある

こうしてみてもらうとわかりますが、VIASOカードは審査基準が低く、かつ翌営業日にカードガ発行されることが大きな利点です。

逆にゴールドカードは年会費がかかったり、インビテーション(招待)が必要だったりと、どうしても敷居が高いイメージを持ちやすくなります。

要は下のような感じになるワケです。

VIASOカード
→手軽重視。1枚目のクレカとしての手軽さ、扱いやすさに特化

ゴールドカード
→ステータス重視。高級サービスや高額保険などで差別化を図っている

ステータスの高さは確かに魅力的ですが、初めてのクレカならまずは手軽さを重視して、クレカを使い慣れることから始めていくことをオススメしますよ。

VIASOカードの賢い使い方講座 お得にポイントをガンガン貯める秘訣を伝授

ゴールドカードはないものの、利便性や手軽さが魅力的なVIASOカードですが、実は賢い使い方をすることで、もっとお得に利用していくことが出来ます。

ココからは、この記事を読んでいるアナタだけに、賢い使い方でガンガンポイントをためる秘訣を紹介していきましょう。

とにかく固定費用の支払いに使っていこう

実はVIASOカードには、隠れた魅力として『固定費用の支払い時のポイント増加』があるんです。

例えば、docomoやau、softbankなどといった大手キャリアの携帯料金や、インターネットプロバイダ料金などといったネット環境のお支払い時。

VIASOカードで支払いをするとポイントが2倍貯まります。

そのため、ポイントがどんどん貯まるので、それに伴ってキャッシュバックされる価格がどんどん吊り上がっていくわけです。

VIASOカードを賢く使うなら、固定費用の支払いは外せない項目の一つになりますよ。

ETCカードは絶対発行しておくべき!そのワケ

そしてもう一つポイントをガンガン貯めるために持っておいてほしいのが、ETCカード!

発行手数料が1,000円(税抜)と、初期費用が少しだけかかってしまいますが、ETCカードを利用することで、高速道路の料金時にもポイントが2倍貯まります。

まさに走った分だけポイントに換算されるので、車での移動が多いかたやドライブが好きな方は是非ETCカードを発行しておいた方がお得です。

ネットショッピングは『VIASO eショップ』を利用しよう!

また、ネットショッピングをご利用するときは、公式専用ショッピングサイト『VIASO eショップ』を経由することをオススメします。

というのも、実はこのVIASO eショップを経由してネットショッピングをすることで、店舗に合わせてポイント還元率が1~12%まで跳ね上がります。

しかも、登録している店舗自体も楽天やamazonといった大手通販サイトが登録されているので、気軽にポイント還元率を高めながらネットショッピングを楽しむことが出来るんですよ。

ポイントをガンガン貯めて、お得な商品を手に入れるなら、是非とも使っておきたいですね。

海外旅行には利用しないでおこう

ここまで見ると『VIASOカードは魅力たっぷり!お得感満載!』なんて思うかもしれませんが、実はデメリットも少なからず存在します。

中でも覚えておいてほしいのが『海外旅行保険の補償額』の点。

VIASOカードには海外旅行保険が標準でついているんですが、この旅行の補償金額が最高で2000万円。

どうしても、ほかの海外旅行保険が付帯しているカードには金額が劣ってしまいます。

そのため、海外旅行の予約をする際はVIASOカードのご利用はあまりオススメできません。注意してくださいね。

まとめ

年会費永年無料、18歳以上で電話連絡が出来る人(高校生は不可)なら、だれでも申し込みが可能なVIASOカード。

一般カードの中でもお得度はかなり高く、日常生活において高いパフォーマンス力を発揮してくれます。

しかも現代社会では当たり前になった「携帯(スマホ)・ネット環境・ETC」などに対して幅広いお得感を実現してくれるので、家計の節約面でも役立ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です